出張や旅行の多い方に!
国内外の空港ラウンジを無料で使えます。
 

バカボン情報

上海で一番安全?なホテル
関連ブログ記事

海外に強い会費無料カード
先輩の関連ブログ記事

巻き爪でお悩みの方は必見

水虫アッサリ追放宣言!

効くと評判の男前サプリ

手汗でお悩みの方に



バカボンのオススメ!

お土産の定番
 <関連ブログ記事

彼女とラブラブのお風呂
 <関連ブログ記事

口臭と加齢臭を抑える
 <関連ブログ記事

加齢臭を簡単に洗い流す
 <関連ブログ記事

脱毛防止シャンプー
 <関連ブログ記事

とっておきの育毛剤
 <関連ブログ記事

けっこう効く育毛サプリ
 <関連ブログ記事

鼻毛の手入れも忘れずに!  <関連ブログ記事

オシッコの「キレ」を改善  <関連ブログ記事

サプリ感覚で飲む精力剤  <関連ブログ記事



 大人のブログ

  にほんブログ村 オヤジ日記ブログ ちょい悪オヤジへ

  にほんブログ村 大人の生活ブログへ

  にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

  にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

  

 中国関連のブログ

  にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

  にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

  








←prev entry Top next entry→
鶏をシンプルに味わいたくなったら
0



     

    中国はやたらと鶏を食べる民族です。

     

    大人数で中華料理を食べに行くと、必ず1〜2品は鶏料理。

     

    サクラ(バカボン社の社員)に言わせると、

     

    ・ 牛や豚に比べて格段に安いから

     

    ・ 丸ごとオーダーすれば見栄えがするから

     

    ・ 脂が少なくヘルシーで、嫌いな人は滅多にいない

     

    どうやらパフォーマンスの良さが鶏人気の根幹を成しているようだ。

     

     

    もちろん私も鶏料理は嫌いでは無い。

     

    だって、スタッフを連れて大人数で食べに行っても安上がりだから!(笑)

     

     

     

     日本で入金、ネットバンキングでも入金
     世界中のATMで現地通貨を引き出せる
     中国なら人民元、香港なら香港ドル
     海外で使えるキャッシュカード

     

     

     

    という訳で、今日のランチはスタッフを連れて鶏料理屋へ!

     

    バカボン社で

     

    「ランチは鶏でも食べに行くか!」

     

    と言えば

     

    「振鼎鸡」という店。

     

    実はどうという事の無いチェーン店。

     

    「じゃあ何を好き好んで?」

     

    と思うでしょ!?

     

     

    お金を払う側からすると、メニューが最高です。

     

    画像クリックで拡大

     

     

    鶏、麺、お粥、スープ、飲み物 しか有りません!(驚)

     

    鶏専門店と言えば普通は

     

     

    ・ 砂肝で作った前菜

     

    ・ 鶏と野菜の炒め物

     

    ・ から揚げ

     

     

    鶏と鶏以外の物を組み合わせた料理が有ります。

     

    ところがこの店は「鶏」オンリー!

     

    オーダーしたくてもメニューは「鶏」だけ!(笑)

     

    要するに、余計な物を頼まれて出費がかさむ心配が無い。

     

    バカボン社のスタッフは「遠慮」という言葉を知らないのだ!(汗)

     

    お金を払う側の立場としては、これほど嬉しい事は無い!

     

     

     

     中国専用サーバー設置で更に繋がり易く!

     月額 1.080円で3台の端末を接続出来るVPN!
     PC、携帯、タブレット等3台を同時にVPN接続!
     無料Wi-Fiスポットでのセキュリティ確保にも!

     

     

     

    で、頼んだのは

     

    ・ 鶏(半身)x2皿 = 一羽 = 約150元

     

      35元 /500g なので、鶏一羽は 2キロという事ですね!

     

    鶏(半身)1皿がコレ

    画像クリックで拡大

     

     

    ・ 麺 x 7杯 = 56元

     

    鶏湯麵1杯がコレ

    画像クリックで拡大

     

     

    ・ コーラ x 6本 = 20元

     

    ・ ビール x 1本 = 6元(私だけ真昼間からビール)

     

    合計 = 230元 /7人

     

    ガッツリ食べて 33元 /人、激安です!

     

     

     

     新陳代謝が高まるので体が若返ります!
     サプリ感覚で飲む精力剤
     内臓機能が高まるので深酒にも効きます。

     

     

     

    今まで昼に何回か利用した店だが、画像を撮ったのは今回が初めて。

     

    で、大変な事に気付いた

     

    それがコレ(メニュー画像を拡大して見た方は既にお気づきかも)

     

     

    ・ 花雕(紹興酒)600ml 1本 8.5元

     

    ・ バドワイザー 600ml 1本 9元

     

     

    なんと、同じ量の紹興酒がビールより安い!(驚)

     

    この有り得ない値段は上海でもこの店だけではないだろうか?

     

     

    因みにサントリービールは1本 6元

     

    私の好きなハルピンビールも 1本 6元

     

    安い方の紹興酒(加飯酒)なんて 1本 5.5元

     

    サントリービールより安い!(驚)

     

     

    鶏が超大好き!

     

    鶏さえ有ればいくらでも酒が飲める!

     

    という方には最高のコストパフォーマンスです!

     

     

    あちこちに在るようです。

    画像クリックで拡大

     

     

    バカボン社が利用しているのは「長寧店」。

     

    地下鉄2号線の中山公園駅5番出口から定西路沿いに徒歩5分。

     

    言っておくが、遠くからわざわざ足を運ぶような店では無い。

     

    シンプルな「鶏」以外は何も無い。

     

     

    ちなみに、オーダーは 二人で鶏 1/4 が目安だそうです。

     

     

    男二人なら半身でも完食できるかも?

     

    チャレンジしてみて下さい。

     

    それと、現金のみ、カード類は一切使えないのでご注意下さい!

     

     

    「たしかに激安だね!」と納得頂けた方はポチッと!

    「鶏だけかよ!」と全く興味の無い方も取り敢えず・・・

      ↓        ↓        ↓
    にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ  にほんブログ村 海外生活ブログへ  

     

     

     

    1ポイント=1円で貯まったポイントは現金や電子マネーに交換!
    簡単!お金が貯まるポイントサイト モッピー


    ▼ ▼ 今すぐ無料会員登録♪ ▼ ▼
    モッピー!お金がたまるポイントサイト


     中国全土のブログ情報なら     >>> にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ

     中国圏の怪しいナイトライフ情報  >>> にほんブログ村 大人の生活ブログ 中国・中華圏ナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

     元気なシニアのブログなら     >>> 



     メルマガ「バカボン通信」の登録受付を再開しました!
      http://magazine.bakabon.org/magazine2

     バカボンのつぶやきはコチラ
        ↓ ↓ ↓
     https://twitter.com/ChinaNomad



    ----
    | バカボン | B級グルメ | comments(4) | trackbacks(0) | - |
    Comment
    2016/07/21 2:23 PM posted by: バカボン
    ニッチさん
    鶏を絞める方法はともかくとして、ビア缶チキンは初めて聞く料理です。
    ネットで検索してしまいました。豪快な料理ですね!
    そう言えば中国にも「ビールダック」と言うのが有ります。
    これはグリルでは無く、ビールで煮込む鍋料理ですけど。
    今晩あたりビールダックを食べに行ってみますかね!(笑)
    2016/07/21 2:52 AM posted by: ニッチ
    鶏を捌くですか…
    私は首を手で折り曲げて絞めました
    30才手前、かれこれ15年ほど前でしょうか
    食に対する畏怖の念から一度は
    体験すべきだと思い経験しました
    2羽自分達が食べるために…
    あの感触はいまでも忘れられません(怖
    っが!鶏肉は大好きです!

    さて日本ではビア缶チキンなるものが
    この時期に流行りだします
    BBQのメイン料理として昔から
    あるのですが、スパイス次第で味の
    種類は様々です!

    ただ調理過程の見た目がグロテスクで
    嫌な人もいるでしょうね

    この記事で久しぶりに思い出して
    食べたくなってきました
    ただこれを書きたかっただけです
    すみません
    2016/07/20 1:07 PM posted by: バカボン
    あQさん
    チェーン店なので「鶏専門店」の走り回っている「ブランド地鶏」では無いと思います。
    恐らく自社基準で飼育されたブロイラーです。

    普通の日本人には「哺乳類」や「鳥類」を捌くのに抵抗が有ります。
    そのくせ魚介類は平気なんですよね!
    生きたまま調理する事に抵抗が無いし、踊り食いなんてのも有ります。
    店頭で買う時の姿が許容範囲であり、食文化なのかもしれませんね!?

    ビールの値段は訂正しておきました。ご指摘ありがとうございます。

    2016/07/20 8:54 AM posted by: あQ
    定西路情報、ありがたいです。

    私は子供の頃のトラウマで鶏が嫌いなのですが、土地バブル以前の中国では鶏料理を良く食べました。
    日本のブロイラー鶏とは違って、自然の鶏らしい味と風味が有りましたからね〜。(笑)

    現在の鶏料理は如何なものでしょうか。
    チェーン店なので、あまり期待してはいけないのでしょうかね。

    因みに私の鶏嫌いは戦時中に雛が配給され、それが育って卵を産み家の庭で繁殖していたのですが、母親が鶏を捌けず他家のお世話になっておりました。
    或る日母親が一大決心をして鶏を捌くと言い出し、庭先で幼い私に抑えさせ、いきなり包丁で鶏の首を刎ねました。

    驚いたことに首の無い鶏は血を流しながら、そこいらじゅうを走り回り、慌てて二人して家の中に逃げ込みました。

    後ほど近所のオバサンが「奥さんちの鶏じゃろう〜」と捕まえて来てくれましたが、ついでに捌いてもらい、いつものように上等な部分だけいただきました。

    いやー!トラウマにもなりますわいな〜って、この話、以前にも書きましたっけ??(爆)

    ところで、余計なことですが
    >因みにサントリービールは1本 600元
    私の好きなハルピンビールも 1本 600元
    って、高すぎませんか?

    >・ 花雕(紹興酒)600ml 1本 8.5元
     ・ バドワイザー 600ml 1本 9元
    の、600が入り込んだのでしょうね。(微笑)
    name:
    email:
    url:
    comments:
    Trackback
    http://bakabon.chinanomad.net/trackback/600
    LCH